カマグラゴールドの飲み合わせの注意点

カマグラゴールドの飲み合わせの注意点

カマグラゴールドは医薬品になり、飲み合わせの悪い併用禁忌薬があります。

また、飲み合わせを注意する併用注意薬もあります。

万が一、飲み合わせがよくないもの同士を飲んでしまった場合、効果の増減、過度に効果が出てしまうことや副作用として重篤な症状が見られることがありとても危険な行為になります。

カマグラゴールドを飲む時は飲み合わせを忘れずに注意しましょう。

カマグラゴールドの併用禁忌について

カマグラゴールドの併用禁忌について
現在、特定の病気を患っている方でカマグラゴールドを服用がダメな事を併用禁忌といい、相性が悪い薬を併用禁忌薬といいます。

カマグラゴールドは、PDE-5(勃起を邪魔する酵素)を阻害して血管拡張因子「cGMP」をサポートし血管を拡張することにより血流を促します。

この作用によって以下の項目に該当する方は使用を控えましょう。

  • 脳梗塞や心筋梗塞などの既往歴のある方
  • 現在または過去に肝機能障害のある方
  • 前立腺肥大症の治療中の方
  • 心臓系障害があり性行為が禁止されている方
  • 低血圧や高血圧の方
  • 網膜色質変性症の方
  • 以下の医薬品を服用中の方
  • 硝酸剤系
  • 塩酸アミオダロン

など併用禁忌なので、控えてください。

公式メーカーのアジャンタファーマ社による商品同梱の説明書
DRUG INTERACTIONS
a reduction in sildenafil clearance occurs when it was coadministered with CYP3A4 inhibitors such as Ketoconazole,Erythromycin,or Cimetidine.Co-administration of ritonavir,a strong CYP3A4inhibitor,greatly increased the systemic exposure of sildenafil(11- fold increased in AUC).A starting dose of 25mg Sildenafil must be considered in such patients.
It can be expected that concomitant administration of CYP3A4 inducers,such as Rifampicin, will decrease the plasma levels of Sildenafil.
Administration of sildenafil with nitric oxide donors such as organic nitrates of organic nitnites in any rorm is contraindicated.
When co-administering alpha-blockers with sildenafil,caution should be observed because of potential additive blood pressure-lowering effects.Co- administration with amlodipine may result in additional blood pressure reduction.
↓↓↓
和訳した説明書
薬物相互作用
シルデナフィルクリアランスの低下は、ケトコナゾール、エリスロマイシン、またはシメチジンなどのCYP3A4阻害剤と同時投与された場合に発生します。 そのような患者では、シルデナフィル25mgの用量を検討する必要があります。
リファンピシンなどのCYP3A4インデューサーの同時投与により、シルデナフィルの血漿レベルが低下することが予想されます。
シルデナフィルと、一酸化窒素供与体、例えば、有機化合物の有機硝酸塩などの投与は、禁忌です。
アルファ遮断薬とシルデナフィルを併用投与する場合、潜在的な相加的な血圧降下作用があるため、注意を払う必要があります。アムロジピンと併用すると、血圧がさらに低下する可能性があります。
引用:ED治療薬 併用禁忌・注意薬剤リスト

併用可能か判断できない方

市販のサプリメントや現在治療中で処方された薬などと併用を考えられている方はご自身で判断する前に1度かかりつけ医師に相談してください。

最悪の場合には重篤な症状になりうる恐れがありますので慎重に併用してよいのかを決めましょう。

他ED薬との併用

カマグラゴールドは、バイアグラやレビトラやシアリス、その他ジェネリックED薬と併用してしまうと効果が重複してしまい異常な症状が起こる可能性があります。

絶対に危険ですのでご注意ください。

ED薬愛好家の中では、様々種類のED薬を常備している方もいます。

一日1回カマグラゴールド100mgを飲んだら、同薬や他のED薬を飲むまで24時間以上は必ず空けるようにしましょう。

連続服用は体内に残っている成分による効果の増強や副作用が発生しやすくなります。

また、ED治療薬がなくては勃たない体になる可能性もありますので十分に注意しましょう。

カマグラゴールドと飲み合わせが悪いもの

カマグラゴールドは通常お水と一緒に飲みます。

万が一、お水以外の飲料で飲んでしまうと危険な場合があります。

【例1】グレープフルーツジュース
グレープフルーツジュース

グレープフルーツに含はフラクノマリンと呼ばれる成分が含まれております。

この成分にはカマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルの分解を遅延させる効果を持ちます。

これが原因で体内の分解されていないシルデナフィルが副作用を引き起こす恐れがあります。

【例2】お酒(アルコール)
お酒(アルコール)
カマグラゴールドとアルコール飲料を併用した場合、シルデナフィルの血行促進効果により酔いやすくなります。

これにより酔っぱらってしまうとアルコールにも全身の血行を促す効果があるため勃起に必要な「海綿体の充血」が起こりにくくなります。

このため結果としてカマグラゴールドの効果を実感することができません。

クラブやパーティー、合コンの際にお酒を摂取し、その雰囲気からホテルということが多いですが、カマグラゴールドを飲むのは避けましょう。

しかし、雰囲気やムードを作る必要がある場合など、嗜む程度の1杯は影響がありません。

また、普段からアルコールを飲んでいる方は精子の量が減少すると言われております。

飲酒した際にはアルコールの分解に亜鉛やさまざまなビタミンが使用されることが原因です。

これにより性欲も低下してしまい、より勃起が発生しにくくなってしまいます。

さらに肝機能の低下から結果的にテストステロンの分泌減少につながるとも報告されております。

EDに悩まされている方はお酒をやめることも大切です!

まとめ

カマグラゴールドは、併用薬や飲み合わせ次第で、効果が時に自分自身を苦しめることや重篤な症状になることもあります。

安全にまた効果を最大限に実感するためしっかりと併用禁忌を知ることが大切です。

治療薬の飲み合わせだけでなくグレープフルーツや飲酒なども、効果の増減また副作用の発症リスクへと関係していきます。

もし、カマグラゴールドを飲んで頭痛が発症した際には、市販の頭痛薬の併用は可能です。

さらに、胃痛や腹痛など副作用が発症した際にも、胃痛薬や腹痛薬の併用は可能です。

カマグラゴールドと上手く付き合って、勃起不全を解消しましょう。

カマグラゴールド

カマグラゴールド
1箱1500円〜

公式サイトで
購入はこちら